BLOG
PR

ブロガーのための究極ガイド:SEO最適化されたWordPress有料テーマの完全リスト!

KINPATSU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

[ふきだし set=”なやみ”]今は無料テーマでブログを書いています。
そろそろ有料テーマを導入したいのですがどれがいいですか?できればSEOに強いテーマがいいです。[/ふきだし]

このような疑問にお答えします。

この記事は以下のような方に向けて書いています。

  • WordPressの有料テーマを検討している
  • SEOに強く、稼げるブログを目指している
  • こだわったデザインのブログサイトを作りたい

この記事の結論

WordPressのアクセスと収益を最大化するため、SEO最適化されたテーマの選択が鍵です。選ぶ際に重要なポイントは以下の通りです。

  1. 内部SEO対策が施されたテーマ:検索エンジンに好まれる構造を持つテーマを選びましょう。
  2. 高速な表示速度を誇るテーマ:ユーザー体験を向上させ、検索ランキングにも好影響を与えます。
  3. レスポンシブデザイン対応のテーマ:スマートフォンやタブレットでも最適な表示を実現し、幅広いユーザーに対応します。
  4. 定期的に更新されるテーマ:セキュリティや最新のWeb標準に対応し続けるテーマが理想的です。

これらの要素を備えたテーマを選ぶことで、SEO効果を高め、サイトのパフォーマンスを向上させることができます。

具体的にSEOに強いWordPressテーマは以下が挙げられます。

WordPressテーマはSEO対策の補助的な役割を果たしますが、単にテーマを導入しただけでは検索順位が劇的に向上するわけではありません。重要なのは、テーマの選択に加えて、質の高いコンテンツの作成、適切なキーワードの使用、サイトの構造最適化など、総合的なSEO戦略の実施です。

記事の信用性

この記事を書いている僕は全くの素人で、Wordpressを始めてからわずか3ヶ月ほどで収益化に成功しました。現在は3つのブログサイトを運営しており、それぞれ異なる有料テーマを使用しています。その経験から正直な感想をお伝えし、まだまだ有名ブロガーには程遠いですが、これから始める方や初心者の方と近い感覚でご紹介させていただきます。


SNSやブログで頻繁に見かける「このWordPressテーマはSEOに強い」という主張。しかし、その根拠や信憑性は疑問ですよね。

では、実際にSEOに強いとされるWordPressテーマの真実は何なのでしょうか。その選定基準や効果について、詳しく掘り下げてみましょう。

初心者にもわかりやすく説明しますので安心してくださいね!

では紹介していきます。

WordPressのテーマとは

4人の人たちがクエスチョンマークを抱えている画像

WordPressはHTMLやCSSといった言語で構築されていますが、初心者でも簡単に扱える点が魅力です。サイトを一から作る必要はなく、事前に用意されたテーマを選んで、色やデザインを自由に調整できます。この手軽さがWordPressの大きな魅力の一つです。

無料のテーマを使っても素敵なブログサイトを作成することは可能ですが、有料のテーマを選ぶと、さらに多くの便利な機能やデザインの自由度が手に入ります。これらは、少しの投資で得られる大きなメリットです。

ブログ運営を真剣に考えている方には、有料テーマの導入を特に推奨します。その理由は、以下で詳しく解説します。

なぜWordpressは有料テーマがおすすめなのか

WordPressには超人気の無料テーマCocoonやその他にもたくさんテーマが無料で配布されています。

「なぜわざわざお金のかかるテーマを選ぶ必要があるのか?」

理由は以下です

  • ありがちなデザインや素人感をなくしたい。
  • 高速表示してスコアを上げたい。
  • SEOに強いブログサイトにしたい。

これが僕の有料テーマに乗り換えた理由です。

他にもテーマによってはPCとスマホ表示を高速化する設計になっていたり、ボタンや見出しデザインなどが独自のものもあります。

WordPressテーマにおけるSEO対策とは

「SEOに強いWordPressテーマ」とは、SEOに有利な設定や機能が組み込まれているテーマのことを指します。これは、SEO対策を容易にし、検索エンジンに好まれる構造を持っていることを意味します。

しかし、これは「テーマのインストールだけで検索順位が自動的に上がる」という意味ではありません。重要なのは、テーマがSEO対策をサポートする基盤を提供するという点です。

WordPressテーマを選ぶうえで重要なポイントはいくつかあります。

  • コスト(無料または有料、有料の場合の価格)
  • デザイン性やカスタマイズの柔軟性
  • 独自ブロックや特別機能
  • サポート体制、フォーラムの活用度、マニュアルの詳細さ……

WordPressテーマ選びでは、多角的な視点が必要ですが、特にSEO対策の充実度は重要な選定基準の一つです。

SEOに強いテーマを選ぶことで、検索結果での上位表示の可能性が高まり、結果としてページビュー数や収益の増加が期待できます。

SEO対策ができるWordPressテーマの選び方


SEO対策を強化するためのWordPressテーマの選び方について、以下の4つの重要なポイントに焦点を当てて解説します。

  1. 内部SEO対策が最適化されたテーマ:検索エンジンに好まれる構造を持つテーマを選びましょう。
  2. 高速な表示速度を持つテーマ:サイトの読み込み速度はユーザー体験とSEOの両方に影響します。
  3. レスポンシブデザイン対応のテーマ:モバイルユーザーにも適応するデザインは、SEOにおいて不可欠です。
  4. 定期的に更新されるテーマ:セキュリティの強化と最新のWeb標準への対応が重要です。

これらの要素を考慮してテーマを選ぶことで、SEO対策が強化された効果的なWordPressサイトを構築できます。

内部SEO対策が最適化されたテーマ

SEOの内部対策の重要性を確認することが大切です。

内部SEO対策(内部施策)とは、ウェブサイトの内部で行う検索エンジン最適化の手法を指します。

内部SEO対策が不十分な場合、Googleのクローラーがサイトを適切に巡回せず、正確なインデックスが行われない可能性があります。これは、検索結果での順位に影響を及ぼす恐れがあるため、注意が必要です。

SEO内部施策の効果
  • クロール促進:検索エンジンのクローラーに自サイトや自ページを見つけてもらう
  • インデックス促進:情報の内容を正しく理解し、Googleのデータベースに登録してもらう
  • 検索順位の向上:検索アルゴリズムからの評価を高め、検索順位を上げる

内部SEO対策が不十分なWordPressテーマを選択すると、優れた記事を書いても検索結果に適切に表示されないリスクがあります。

検索エンジンのクローラーがサイトを効率的に巡回し、正確にインデックスするためには、内部SEO対策が適切に施されたテーマの選択が重要です。

内部対策にもいろいろありますが、テーマ側で実装できる代表的なものは以下のとおりです。

WordPressテーマの内部施
  • HTMLとCSSが最適化されており、Html Checkerでエラーがないこと
  • サイト構造が明確で整理されていること
  • 高速な表示速度(詳細は後述)
  • 遅延読込(Lazyload)の設定が可能であること
  • タイトルタグやメタディスクリプションの編集が可能であること
  • 構造化データ(Google推奨のJSON-LD)の設置・編集が可能であること
  • パンくずリストの設定が可能であること
  • 内部リンクの設置が容易であること
  • 必要最小限のプラグインで運用できること

高速な表示速度を持つテーマ

SEO対策において、表示速度の速いWordPressテーマの選択は重要です。

表示速度は検索順位に大きく影響し、Google自身もこれをランキング要因として認識しています。速いロード時間はユーザー体験を向上させ、SEO効果を高めるために不可欠です。

検索ユーザーはできるだけ早く質問に対する答えを見つけたいと考えています。研究によると、ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけています。読み込み速度これまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、デスクトップ検索を対象としていました。そこで 2018 年 7 月より、ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することになりました。

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します  |  Google 検索セントラル ブログ  |  Google for Developers

Core Web Vitals は、ページの読み込みパフォーマンス、インタラクティブ性、視覚的安定性に関する実際のユーザー エクスペリエンスを測定する一連の指標です。

検索結果でのランキングを上げ、全般的に優れたユーザー エクスペリエンスを提供できるよう、サイト所有者の皆様には、Core Web Vitals を改善することを強くおすすめします。

Core Web Vitals は、その他のページ エクスペリエンス要素とともに、Google のコア ランキング システムがランキングを決定する際に考慮する要素です。

Core Web Vitals と Google 検索の検索結果について | Google 検索セントラル

SEO対策において、表示速度は非常に重要な指標です。

表示速度の速さを判断する際には、Googleの公式ツール「PageSpeed Insights」を使用すると良いでしょう。このツールで90点台後半から100点を達成できるかどうかが、サイトの表示速度の良い目安となります。


WordPressの表示速度は、使用するレンタルサーバーによっても異なります。

国内で最速と評価されるConoHa WINGは、WordPressサイトの高速化に特におすすめのレンタルサーバーです。

https://kinpatsu.org/conoha_wing_wordpress/

レスポンシブデザイン対応のテーマ


レスポンシブデザインは、ユーザーが使用するデバイスやブラウザに応じて、レイアウトやデザインが自動的に調整される仕組みです。

これにより、どのようなデバイス(特にスマートフォンなどのモバイル端末)を使用していても、快適な閲覧体験を提供できます。また、検索エンジンによる効果的なインデックス作成にも寄与します。

レスポンシブ・ウェブデザインを使用しているサイト、すなわち、すべてのデバイスに単一の URL で同じ HTML を提供し、CSSを使用してデバイスごとにデザインを変更するサイトです。 こちらが Google の推奨する設定方法となります。

Google がお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法  |  Google 検索セントラル ブログ  |  Google for Developers

多くのWordPressテーマはレスポンシブデザインに対応していますが、すべてがそうではないため、選択時には注意が必要です。

総務省の通信利用動向調査によれば、インターネット利用者の約7割がスマートフォンを使用しています。このことから、スマートフォンユーザーの閲覧体験を考慮したレスポンシブデザイン対応のWordPressテーマを選ぶことが重要です。

みんなブログを読む時って通勤中とか隙間時間にでスマホで読んでることが多いですよね!スマホ対応は基本です。

定期的に更新されるテーマ


WordPressテーマの更新頻度は、選択する際の重要な要素です。

SEO対策だけでなく、セキュリティの面からも、定期的に更新されるWordPressテーマを選ぶことを推奨します。これにより、最新のWeb標準に対応し、安全性を保つことができます。

どんな更新をしているかというと

  • 頻繁にアップデートされる検索アルゴリズムへの対応
  • 細かなバグや不具合への修正 ……など

検索エンジンのアルゴリズムは、年に数回の大規模なコアアップデートに加え、日々小規模なアップデートが頻繁に行われています。

これは、検索アルゴリズムの変更に合わせてWordPressテーマもSEO対策を更新する必要があることを意味します。

更新頻度が低いテーマは、SEOへの対応が遅れているか、対策が不十分である可能性があります。一方で、定期的に更新されるテーマは、SEOの最適化だけでなく、セキュリティの強化やユーザー体験の向上にも寄与します。

いくつか代表的なテーマがあるので紹介します。

SEOに強い代表的なWordpress有料テーマ

では、代表的なWordPressの有料テーマに興味がある方に、おすすめの5つを紹介します。その中で2つは私が実際に使用しており、残りの3つは次に購入するならこれといったものを選んでみました。

AFFINGER

価格(税込)14,800円
表示速度普通
レスポンシブデザイン対応済み

AFFINGERアフィンガーは当ブログでも過去に利用している有料テーマです。稼ぐことに特化したテーマということで内部設計もSEOに強く、アフィリエイト向けの機能が満載なのでテーマで迷っている方におすすめ。

カスタマイズ性がものすごく高いので、他で気になっているテーマがあるならアフィンガーで似たようなデザインにしてしまうのもアリなのでこれを買っておけばどうにでもできます。

多数の有名ブロガーのおすすめ&愛用している大人気の有料テーマです。
選ぶのに迷ったらAFFINGERをどうぞ

以下の記事で詳しくレビューしています。

https://kinpatsu.org/affinger_wp/

SWELL

価格(税込)17,600円
表示速度非常に早い
レスポンシブデザイン対応済み

SWELL(スウェル)は、現在私が運営している当ブログとVLOG LIFE PEOPLEという別のブログに導入している有料テーマです。このテーマはブロックエディターに完全対応しており、細かな機能や専用のSEOプラグインが備わっているため、プロアマ問わず大変満足のいくものとなっています。

使用した感触では、非常に洗練されたデザインであり、設定も簡単にカスタマイズできるため、ブログ運営においてモチベーションが高まりました。

Swellについては以下に詳しく紹介している記事があります。

https://kinpatsu.org/wordpress_swell/

賢威

価格(税込)27,280円
表示速度普通
レスポンシブデザイン対応済み

賢威(けんい)はブロガーなら知らない人はいない書籍「沈黙のWebライティング」のプロデュースをした株式会社ウェブライダー松尾さんが作ったテーマ。
極限までシンプルなデザインなので上場企業や中小企業などで多く使われているテーマです。

SEO対策に定評があり、サポート体制もしっかりしています。

将来Wordpressを仕事にしたいならこちらを使いましょう。特に企業ホームページ制作とかはこれが合うので使い慣れておきたいテーマですね。

THE THOR

価格(税込)16,280円
表示速度普通
レスポンシブデザイン対応済み

THE THOR(ザ・トール)はスタイリッシュなデザインでブログも企業サイトも作れる有名テーマ。着せ替え機能もあり、簡単にブログサイトの雰囲気を変えられます。
集客をしつつおしゃれなブログサイトを目指すならこちらのテーマがおすすめです。

STORK19

価格(税込)11,000円
表示速度普通
レスポンシブデザイン対応済み

STORK19(ストーク19)はシンプルでかわいいデザインのブログが作れるのが特徴。
ほとんどの人がスマホで情報を探す時代なのでモバイルファーストなテーマはかなり強いです。他のテーマに比べると安いのですが、細かな機能が充実していてコスパがいい有料テーマとなっています。

価格を抑えつつしっかりとブログをやりたい方におすすめ。

有料テーマを導入してすぐにブログを書きましょう

WordPressの有料テーマを導入すると、テンションが上がり、モチベーションも変わってくるのはやはり確かです。僕自身も有料テーマを導入したことで、やる気が確実に向上しました。お金を支払った以上、しっかりとコミットするという気持ちはブログ運営には欠かせません。

有料テーマを利用しておしゃれなブログを作り、素敵な記事をたくさん書いていきましょう。それがブログ運営をより楽しく、成功につなげる一因となるでしょう。

もし悩んでいたらAFFINGERが細かいデザインができて優秀なテーマなのでぜひ検討してくださいね。
失敗したとは思わないものすごくクオリティが高い有料テーマです。

ブログを楽しみましょう!

それではまた。

ABOUT ME
KINPATSU
KINPATSU
ブロガー
>GAFA10年勤務テック愛好家 >副業でブログを執筆 >月収5桁継続中 >千葉で家族3人+うさぎと輸入住宅で暮らしてます >北海道南部出身の39歳
記事URLをコピーしました